新着情報一覧

2012.09.12

「夏休みカナダポーク親子料理教室」を開催しました。

「夏休みカナダポーク親子料理教室」を開催しました。カナダポーク・インターナショナル (CPI、日本マーケティングディレクター野村昇司) は8月26日、福岡安達学園 専門学校 福岡ビジョナリーアーツで「夏休みカナダポーク親子料理教室」を開催しました。料理研究家でIKUTA Kitchen代表の幾田淳子さんを講師に招き、幾田さんが主宰する「3歳からのこども料理教室」に通う生徒とその親24組48人(1、2部各組12組)が参加して、夏休み最後の日曜日に電子レンジで作るローストポーク作りに挑戦しました。

 

開催にあたり野村マーケティングディレクターは、「カナダといえば大自然の豊かな国という事で知られていますが美味しいポークを提供する国でもあります。カナダポークは国産豚肉に近い条件で生産されています。九州は豚肉の生産が多い地域ですが、国産豚肉と同じカナダポークはきっと皆さんの口に合うと思います。高たんぱく、低脂肪など栄養価が高く美味しい上、お財布にやさしいのがカナダポークです。九州はカナダポークの取り扱い店舗が多いので、是非お試し下さい」と挨拶しました。

幾田さんは、「これまでにもカナダポークを使った料理提案を行ってきましたが、皆さんカナダポークのファンになりました。今日お越しの皆さんもカナダポークの魅力にはまると思います」と述べました。

 

「夏休みカナダポーク親子料理教室」を開催しました。参加した4歳の男の子は、「うちのパパはラーメンしか作れない。だから僕は料理のできる人になりたい。今日、カナダの豚肉の料理を覚えてみんなに食べさせてあげたい」と元気よく答えていました。また、参加した父親の一人は、「こどもが料理教室に通っているのでついてきました。私はそば屋ですが、いろいろと勉強になりました。今日、とても美味しかったカナダポークのカツ丼を店で出してみたいです」と話してくれました。