新着情報一覧

2014.8.6

「カナダポークセミナー in 盛岡」を開催しました。

カナダポーク・インターナショナル(CPI、日本マーケティングディレクター:野村昇司)は、7月24日、盛岡市内のホテルでセミナーを開催し、食肉業者や流通業者など約60人が参加しました。

このセミナーはカナダポークの品質と安全に対する同国の取り組みを紹介することで、商品としての優位性を再認識してもらおうと企画されました。野村ディレクターが、「カナダポーク、高い品質へのこだわり“Farm to Fork”」と題してカナダポークの特徴や最新情報を説明したほか、ミートジャーナリストの高橋寛氏が、「TPP・EPAの現状とその影響」と題して講演をしました。またCPIで技術指導の最高責任者を務めるマイケル・ヤングが、カナダポークの特徴を活かした「北米でポピュラーな豚肉の調理方法」を披露しました。