料理教室の先生のレシピ

カナダポーク バラ薄切り肉の茶豆包み・ジャガイモと干しエノキ茸の衣揚げ

カナダポーク バラ薄切り肉の茶豆包み・ジャガイモと干しエノキ茸の衣揚げ By 秦 敏治 先生
パン教室のアミコート

開発料理家さんのコメント

カナダポークは、国産の豚肉に比べると脂の層も薄く、脂によって味や香りが押さえ込まれること無く、色々な食材の味わいを反映させやすいと感じました。そんな理由で一度に色々な魅力てんこ盛りです(笑)。

4人分

カナダポーク バラ肉・薄切り 200g
茶豆の枝豆(冷凍) 1パック 170g
牛乳 少々
ジャガイモ(メークイン系でなるべく長いもの) 1本
干しエノキ茸 10g
揚げ油 適量

 

作り方

  • 【干しエノキ茸を作る。】
    • エノキ茸の根元を切り取ってほぐし、バットなどに重ならないように広げる。
    • 晴れた日は魚の干物用の干し網等に入れて太陽に当てて干し、雨の日には冷蔵庫の中で乾燥させる。
    • カラカラに乾けば、保存性を高めるために電子レンジに短時間繰り返しかける。10秒程度かけては取り出して様子を見、繰り返して完全に水分を飛ばす。
    • 密閉して保存する。保存は常温でOK。
    • 使用前に必要量をボールに移し(4人分で10g程度)水をヒタヒタに加えて戻す。
    • 戻した干しエノキ茸を搾って水気を切り置いておく。
  • 【包み込み材料(ファルス)を作る。】
    • 冷凍茶豆のパッケージの説明にしたがって解凍する。
    • 解凍後、さやから豆を取り出して、薄皮も剥く。
    • 薄皮を剥いた豆の2/3をフードプロセッサーにかけ、粘りが出てまとまるまで潰す。残りの1/3は粗く刻み、混ぜ合わせる。
    • 牛乳を少量加えてのばし、塩・胡椒で味を調える。
    • 棒状にまとめる。(今回は1本で2人分。揚げ鍋の大きさに合わせて調整) 2つに分けてラップに取り、巻いて棒状にのばす。太さ1cm・長さ15cmのものを2本作る。
  • 【ファルスを豚肉で包む。】
    • 薄切り肉を脂身部分が重なるように並べる。肉の長さは5cm程度。
    • 並べる幅は18cm程度(両端をきちんと閉じるための長さをとっておく。)
    • 並べた肉の上にファルスを置き、まず左右の両端を閉じるようにして巻く。
  • 【揚げ衣で巻いて、揚げる。】
    • ジャガイモの皮を剥き、細切りにする。軽く塩を振り、絞ってアクと水分を抜く。
    • ラップの上にジャガイモを薄く並べ、水で戻したエノキ茸を散らす。
    • (3) のジャガイモ包みをのせ、転がしてジャガイモで巻く。
    • 170℃に熱した油でカラリと揚げる。
  • 【盛り付ける。】
    • 適当なサイズに切り分け、切断面を見せるようにして盛り付ける。